<開業へ向けて>


試験に合格し、ある程度実務経験を積めば、いよいよ開業、と言うことになるでしょう。司法書士事務所によっては、身内や補助者がなかなか合格しないため、後継者を探している、というところもあります。こうしたところだと、事務所を任されるかもしれませんが、このようなケースはあまり多いとはいえません。

開業に当たっては、やはり、いかに顧客を得られるかが大事です。すでに広い人脈を持っているなら良いのですが、通常は、紹介などもあまり期待できず、自分で着実な営業活動を行う必要があります。自分の足で顧客開拓を行う以外、今は、やはり自身のホームページ開設も欠かせません。

ただ、ホームページを開設しても、なかなかアクセスが増えない。問い合わせがあまり来ない、というのは多いものです。どういった業務に強いのか。料金の明示化。デザイン的に目を引くもの、問い合わせ、資料請求がしやすいか、など、いろいろと、他のホームページとの差別化も必要です。多少はコストがかかっても、専門のWebデザイナー、コンサルタントに依頼し、しっかりしたホームページを作成することです。コンサルタントだと、アクセスアップの秘訣なども指導してくれます。