<司法書士の就職先>


司法書士の場合、普通の企業に就職する人は少なく、独立系の資格なので、独立開業する人が殆どです。司法書士の事務所をよく見かけるところといえば、やはり地方法務局周辺や、地方自治体での法務局の周りということになります。業務変更や会社の設立などの商業登記、建物や土地に関係した不動産登記などは、法務局で登記業務を行っているので、たいていは法務局のそばで司法書士の事務所を開くことになるわけです。

ただ、資格試験に合格後、やはりすぐに事務所を開くのは難しいもので、ある程度の実務経験、営業能力が必要となります。このため、まずは司法書士事務所などに就職し、経験を積むことになります。司法書士の求人は、求人情報誌や、ネットでも求人サイトで見つけることが出来ますが、これ以外、自分の足で事務所を回って雇ってもらえる所を探すか、所属先の司法書士会で探す人も多いようです。

ただ、最近は個人情報保護法や企業のM&A等、法務関係の仕事が増えているため、企業に就職して活躍する司法書士も増えていて、今後は企業からの司法書士の求人も増えてくるものと見られています。法務コンサルタントとして、企業内での司法書士の役割も重要となってくるのです。