司法書士と弁護士との違い


司法書士は、法律にたずさわる仕事なので、仕事内容は弁護士と同じでは、と思うかもしれませんが、実際、司法書士と弁護士とはどう違うのでしょうか。例えば、借金問題の解決に関してですが、借金の金額が140万円を下回っている場合、司法書士は、弁護士と同じように、債権者からの取立をストップさせ、債務者に代わって債権者との交渉をしたり、過払い金があるような場合、簡易裁判所に訴訟を起こしたりすることができます。

つまり、司法書士は債務整理は出来るのですが、自己破産や個人再生の場合、地方裁判所に申し立てなければいけないため、扱えません。このため、自己破産や個人再生などの手続が必要となった場合には、原則として、債務者が改めて弁護士に依頼し直す必要が出てきます。ただ、司法書士は自己破産や個人再生申立のための書類作成業務はできます。そこで、債務者は司法書士に書類を作成してもらい、その上で自分で申立をすることになります。弁護士に依頼して自己破産や個人再生を申し立てる場合と、司法書士に書類を作成してもらって本人が申し立てるのとでは、地方によって手続に違いがあります。

裁判以外、実務内容については、司法書士は不動産、商業などの登記業務が主体となります。登記業務は弁護士も業務とすることができますが、現状、登記業務を積極的に行っている弁護士は少なく、これにより業務の区分けできている状況のようです。ただ、今後はこうした区分けにも変化が起こってくるのでは、とも言われています。司法書士については業務拡大が図られ、額が小さい事件であれば、弁護士と同じように法律事務についての代理人になることができるようになったのもそのためなのです。