司法書士の仕事4

司法書士の仕事で、一般的にイメージされるのは、裁判業務でしょう。貸金や家賃・敷金、損害賠償等に関する請求で、簡易裁判所に訴えや申立てをするとき、代わって書類を作成し、訴訟手続をサポートする役割です。借金にまつわるトラブル、家賃・敷金に関するトラブル、売買の代金の支払いに関するトラブルなどを法的に訴える際、請求金額が140万円以下の身近な事件の場合、普通の訴訟のような難しい手続を経ず、簡易裁判所で、簡易な手続で迅速に解決を図ります。

このとき、代わって弁論したり、調停や和解の手続をするのが司法書士です。平成15年4月に司法書士法が改正され、新たに法務大臣の認定を受けた司法書士は、簡易裁判所での訴訟代理業務が認められるようになりました。裁判外でも、代理人として相手方と和解交渉をしたり、紛争性のある事件について相談を受け、アドバイスをしたりすることもできます。

簡易裁判所を利用した簡易・迅速・低廉な裁判手続が少額訴訟制度で、60万円以下の金銭の支払を求める訴えについて、少ない費用と、わずか一日の審理で紛争の解決を図ります。ここでも認定司法書士を代理人とすることが出来ます。少額訴訟に勝訴して取立て(強制執行)をする場合、認定司法書士が代理して執行手続をおこないます。日常生活で、様々なトラブルに対し、法的に迅速な解決を行うのが司法書士であり、一般の人々が頼れる存在なのです。