土地家屋調査士について

司法書士は、不動産の登記に関する仕事が多いため、土地家屋調査士事務所で仕事することも多いようです。また、独立開業しやすいことから、司法書士と土地家屋調査士の資格を併せ持つ人も結構います。土地家屋調査士は、不動産の登記に当たり、不動産の所有者に代わって調査、測量を行い、また、土地の境界を確かめ、登記のために必要な資料を収集し、登記の申請手続きを行う仕事です。

不動産の登記制度を円滑に機能させる、不動産の表示に関する登記についての専門家です。不動産登記業務のうち「表示に関する登記」を独占的に行えるよう、国から認められた資格であり、財産を守る、重要で責任ある仕事なのです。司法書士と土地家屋調査士の二つの資格に基づき業務を行うことで、登記申請を一連の流れで行うことが可能となるわけです。

例えば、不動産の所有権移転登記の場合、土地家屋調査士が行うのは表示に関する登記で、所有権移転登記は権利に関する登記で、それが出来るのは司法書士となります。また、家屋を新築した場合でも、表示の登記が行われた後でなければ権利の登記申請はできませんが、土地家屋調査士資格も持っていれば、表示登記完了後、権利登記の依頼ももらえることになります。また、司法書士資格だけよりは多くの仕事ができるでしょう。