交通事故について

交通事故は、身近な問題として、司法書士が関わることも結構多いでしょう。

交通事故での自賠責請求や相談は、行政書士は出来ません。
あくまで書類の作成だけになります。

司法書士は、もともと裁判所に提出する書類の作成を行うのが専門であり、一般には、弁護士に裁判所での手続きを依頼するより、司法書士に裁判書類の作成を依頼する方が、費用がかからない(報酬の額が少なくて済む。)と言われています。

損害賠償を行う場合、損害賠償額が140万円以内であれば、認定司法書士が、簡易裁判所管轄の損害賠償請求手続及び法律相談を行うことができます。

認定司法書士は紛争の目的の価額が140万円以内であれば、法律相談に応じたり訴訟代理人になることができる、とされているのです。

交通事故の場合、様々な法律や契約が関係してくるため、専門的な知識が必要となります。
このため、司法書士事務所でも、交通事故専門の相談室を設け、専門の相談員が対処することが多いようです。

逆に、個人的に車好きで、車のことを良く知っている、などの場合、交通事故の相談が得意、ということをアピールしても良いかもしれません。