弁理士について

士業で良く知られているのは、司法書士、行政書士、税理士、などですが、これ以外、弁理士と言うものもあります。

弁理士は、最近関心が高まっている資格です。
弁理士は、弁理士法で規定された産業財産権等に関する業務を行うための国家資格者です。

弁理士の仕事場は、特許専門の弁理士、意匠・商標専門の弁理士など、自身の専門及び所属する職場により異なりますが、比較的多いのは、特許を専門とする弁理士です。

具体的には、発明・考案・意匠(デザイン)、商標(トレードマーク、サービスマーク)を保護するため、これらの特許権(パテント)等の取得をするための特許庁への出願から登録までの業務が弁理士の主な仕事です。

手続きを行う仕事、と言う点では司法書士と同様ですが、弁理士は、企業の商品に関する特許の出願、意匠・商標の登録に関する仕事、というわけです。

司法書士は法務局に対する手続きを行いますが、弁理士は特許庁に対する手続きを行います。

主な仕事場は、企業の特許部・知的財産部、特許事務所などで、経験を積むと、独立開業する人も多く、高収入を得ている人もいるようです。

ただ、資格取得は結構難しく、英語のコミュニケーション能力なども求められるようです。