法律事務所と司法書士事務所の違い

街中には、時折法律事務所という看板も見かけます。
法律事務所とは、弁護士法第二十条で、弁護士の事務所は、法律事務所と称する、と記されています。

つまり、法律事務所と称することができるのは弁護士が開設した事務所だけと言うことになります。
弁護士事務所とは「通称(俗称)」であり、正式には「法律事務所」となるわけです。

司法書士事務所の名称については、明確な規定はありませんが、「司法書士」という文言を使えるのは司法書士だけという条文があります。

このため、司法書士事務所と称することができるのは司法書士だけと言うことになります。

法律事務所には、弁護士と共に司法書士もいるところがあります。
これに対し、司法書士事務所に弁護士がいることは通常ありません。

ここで注意すべきなのは、「法務事務所」という文言には規定がない、ということです。

このため、一部の司法書士や行政書士等で、法務事務所と称しているところがあるようですが、通常は「法務事務所」という名前がついた事務所は、司法書士事務所であるこ

とが多いようです。

しかし「法律事務所」と混同されやすい、と言うことで、弁護士からは「法務事務所」という用語を規制すべきという意見も出ているようです。