学校の選び方


資格取得を目指すとき、どこの学校が良いのだろうか?
この業界(学校界)には歴史があります

歴史(生まれと育ち)は、自ずと業界に地図を作りました
地図が出来ると実績も上がり、益々白黒がはっきりしてきました。
生き残るため、より実績を上げるための投資がなされるからです。

法律系のLEC(司法書士・・・)
会計系のTAC(公認会計士・・・)
簿記税理系の大原(税理士・・・)

となります

では、司法書士を目指したとき、TAC、大原ではだめなのか?
私は、TACも大原も、全く遜色ないと思います

確かに、司法書士においては後発です
しかし、簿記、税理士、会計士をベースに対象の資格講座を増やしてきたノウハウがあります

試験に向かって、学び方、試験対策は、共通するものが多くあります
特に、士業関係の資格は難関です
難関試験に立ち向かうには、モチベーションを落とさせないサポートが学習内容より大切だと言えます


でも敢えて、3校のどこが良いかと悩むとき、どう判断すべきか?

体験入学、口コミ集め、あらゆる手を使って「自分に合う学校」を選んでください
長丁場になりますから、自分の好みも(最)重要な要素だと思います。

さて、司法書士の学校となると、この3校に加えて以下の専門校もあります。

●Wセミナー
●日本司法学院

さらに、
●伊藤塾
●辰已法律研究所
●クラーク司法書士学院
●クレアール司法書士アカデミー
●東京司法書士学院
●DAI−X

たくさん有って、混乱してしまいます

しかし、評判を見ていると、私は、

●LEC
●Wセミナー
●日本司法学院

をお勧めします


この3校なら、司法書士を目指すのに不足はありません。

当然、通学しやすい(近くの)学校であることも、重要な条件ですよ!

複数の学校が可能なら、


↓↓初挑戦の人も、LEC(東京リーガルマインド)↓↓
司法書士サイトはこちら


↓↓大学で法律を専攻した人はWセミナー↓↓
早稲田セミナー





⇒TopPageに戻る